メニュー

看護学生の奨学金とアルバイト|全国実態調査より

2023年全国看護学生アンケート調査の結果をお知らせいたします。

看護学生の奨学金とアルバイトのリアル

実習期間中でもアルバイト、深夜に及ぶ場合も!











 

 

調査を終えて

経済的基盤がぜい弱な中で、着る物や食べる物を削って学費に充当しながら、必死に看護職を目指そうとしている姿が浮き彫りになった。

 

8割の看護学生が奨学金返済について不安に感じており、しかも増加傾向にあることが判った。

 

奨学金を受けていない場合でも、その約半数は、必要だったにもかかわらず、保証人がいないなど要件が満たせず申請に至っていなかった。すなわち奨学金も受けられない、更に困窮している学生の存在がうかがえた。

 

看護職の資格を目指すという目的の為には、ほぼフルタイムのアルバイトが必須となっているが、そのことが学業に大きな支障となっていた。

日本の高学費は支払い能力を超え、看護職養成の大きな障害となっている。

全日本民連ではこれらの要望を元に、国へ請願を提出しました。

これからも、引き続き国への支援を求めて行きます。

お金の心配なく看護師になりたい

コロナ禍における看護学生アンケート調査結果2023

 

掲載日:2024年4月1日/更新日:2024年2月5日