光陽訪問看護ステーション|看護師インタビュー

  • [タグ]

    福井   看護師インタビュー   
  • [対象]

    看護学生   看護師   

新卒訪問看護師の成長

福井民医連の光陽訪問看護ステーションでは、2017年度に初めて新卒看護師を受け入れて以来、訪問看護師用の新人看護職員研修マニュアルや流れを築き上げながら、これまで新卒看護師を受け入れ研修を行ってきました。

 

今年度入職となった新卒看護師(写真右)は、現在、先輩達の訪問に同行しながら、やがて一人で訪問に行けるよう研修をしているところです。

 

雨の中、先輩看護師(写真左)と一緒に利用者さん宅に訪問しています。

実はこの先輩看護師も、2019年度に新卒でステーションに入職した看護師です。

訪問看護師となって研修を受ける側から、指導する立場になりました。

利用者さんと和やかムード

会話がはずみます。

 

今回訪問した利用者さんは在宅酸素管理中。指先にパルスオキシメータを装着し血中酸素飽和度と脈拍を計測。

先輩看護師も一緒に数値を確認しています。

利用者さん「今度家族で温泉に行くんだけど・・・」

先輩看護師は日常生活上の注意点も、利用者さんに優しく説明していました。

後輩をリードしながら、利用者さんとも上手にコミュニケーションをとり、成長した姿に感動。

慣れた手つきでマッサージ

利用者さん「気持ちいいよ」

みんなで一緒に体操。

 

今回、新卒看護師の研修に密着したら、これまで、新卒で訪問看護師として頑張ってきた先輩たちの成長ぶりに驚きました。

 

2017年度に新卒で入職した看護師は、現在2度目の産休に入るところです。

産休・育休・子育ても光陽訪問看護ステーションで頑張っています!

みんなで支えあいながら、大事に新卒を育てる集団で、それがどんどん引き継がれています。

これからが楽しみ!

 

文責:福井民医連看護学生委員長 滝

看護師インタビュー

新卒で入職した訪問看護師のそれぞれのコメントです。

 

新卒看護師

同行訪問をしている中で、先輩方は「その人らしく在宅で療養生活を続けられるためにはどうしたら良いのか」といった視点で関わっているなと日々感じています。そのような先輩方の下で働けていることに感謝しながら頑張っていきたいです!!

 

4年目看護師

入職して4年になりました。入職した当初はわからないことも多く不安もありましたが、先輩方に支えられ、楽しいと思えるようになりました。今後も頑張っていこうと思います。

 

最初に新卒で受け入れた看護師

早いもので入職して6年目です。
まだまだ日々学びの連続ですが、仕事と家庭の両立を頑張っています。
今は後輩の成長も楽しみの一つです。新人のうちはしんどいことも多いですが、その分喜びや達成感もひとしおです。そういったことを共有し、共に成長していけたらと思います。

 

光陽訪問看護ステーション

職員数 22名(看護師:16名 リハビリ:3名 事務:3名)

ニュース一覧へ

イベントカレンダー へ