福岡/米の山病院 『看護への道』 出前講座に行ってきました

  • [タグ]

    福岡   
  • [対象]

    中・高校生   看護学生   

8月3日に看護師を目指している高校3年生、8名へ出前講座を行いました。看護の仕事や魅力など動画を使いながらご紹介しました。

コロナ禍での医療従事者の厳しい側面やそれでもエッセンシャルワーカーとして使命感をもち頑張っていること。患者さんの感謝の言葉や回復される姿が看護師としてのやりがいになっていることなどお話しました。

今回は、注射器の取り扱い体験を実践してきました。

 

 

より看護師になりたい、より頑張ろうと

学生さんの感想から

・看護師の具体的な仕事を見ることができ、より看護師になりたいと思いま

した。

・患者さんと病院のスタッフの関係にすごく感動しました。

・常に患者さんの気持ちに寄り添ってお仕事されていることにすごいと感じ

ました。

・すごく素敵な病院だなぁと思いました。

・看護師の仕事が厳しい状況にあるということを今、知ることができて良か

った、より頑張ろうと思うことができました。

 

看護体験 注射編

実際に注射器を使って液を吸ったり、点滴の滴下を合わせてみたりしました。

学生さんの感想から

・貴重な体験ができてとても満足です。

・今日体験したことを看護師さんが簡単にやっていることに尊敬しました。

・簡単そうに見えてもいざやってみると難しくて、あらためてすごいと思わ

された。

・1つ1つことに意味があり頭をたくさん使う仕事で思ってた以上で経験し

てみて良かったと思います。

・大学のオープンキャンパスとはまた別の体感がありました。

 

 

コロナ禍で様々なイベントが計画しにくいこの時期。

自分の将来の夢に向かって目標をもったキラキラした高校生の姿に元気をいただきました。

数年後、皆さんが看護師としてスタートされる日を楽しみにしています。

 

くわしくは、親仁会 米の山病院のホームページをご覧ください。

福岡・佐賀民医連 米の山病院 看護部サイトはこちらから

 

 

ニュース一覧へ

イベントカレンダー へ