福岡/米の山病院♪ 卒後1年目研修のご紹介

  • [タグ]

    福岡   
  • [対象]

    中・高校生   看護学生   

新卒看護師が夜勤導入する前に『時間切迫多重業務課題演習』を行います。
この研修は、限られた時間の中で、安全性に留意して多重業務の優先順位を考えて対応することや、振り返りを行うことで、安全性や接遇面での自身の課題を明らかにすることを目的としています。

演習当日は先輩看護師が患者さんになりきって様々な症状を訴えます。
それに対し、受講生は優先順位を考えながら対応していきます。

後日、時間切迫多重課題演習リフレクションを行いました。
それぞれの演習の様子を動画視聴し、自分の姿を客観的に見てもらいました。
グループに分かれて視聴しましたが、自分の動画が始まると恥ずかしそうにされてました。
なかなか自分の行動を客観的に見たり、同期がどういう動きをしているのかなど見る機会はないので、この研修で良かった所、改善するべき所、他の受講生の参考になる所などいろいろな気づきができ良い刺激になったのではないかと思います。

 

▶ストレスケア
臨床心理士から講義をしていただき、その中でグループワークもありました。

講義の中で個人的に大切だなと思った所を共有します。
ストレスとうまく付き合っていくためには、
 3R⇒  rest:休息

    relaxation:リラクゼーション

    recreation:レクレーション)
         +α(relation:繋がり) 

を使いながらストレスを溜めすぎないようにすることが大事だそうです。
ストレスが完全になくなるのは難しいと思いますが、上記の事を実践しながら、少しでも軽減できればと思います。

グループワークでは、小さい紙にその人の良いところ、好きなところ、尊敬しているところ、お礼を言いたい事を3つ以上記入し、自分宛にも記入するという内容でした。

 

受講生から、「自分の良さがわからなくなっていましたが、同期が教えてくれて気持ちが楽になりました。」という感想がありました。たくさん同期と話す時間があり、和気あいあいとした雰囲気でとても楽しそうでした。

 

プラネタリウムでは、大牟田文化会館にお邪魔させてもらいました。受講生達もとてもリラックスした雰囲気でした。病院から離れることもリフレッシュの一つだと思います。

これからもたくさん辛いことがあると思いますが、同期という強い仲間と共に成長していってもらえたらと思います。

 

 

動画はこちらから
↓↓↓

 

 

 

くわしくは、親仁会 米の山病院のホームページをご覧ください。

福岡・佐賀民医連 米の山病院 看護部サイトはこちらから

ニュース一覧へ

イベントカレンダー へ